日本短期滞在外科手術研究会/JSSSA

073-445-9436

お問い合わせ

  • ホーム
  • JSSSAとは
  • 入会案内
  • 活動報告
  • 学術総会
  • D.S.コーディネーター
  • 事務局

DSコーディネーター認定講習会

 
第12回 日本短期滞在外科手術研究会 学術総会 in YOKKAICHI

総 会 概 要

1.名  称

第12回 日本短期滞在外科手術研究会学術総会

2.主催および  責任者名

日本短期滞在外科手術研究会(Japan Short Stay Surgery Association)
 代表世話人 執行 友成(東京ヘルニアセンター 執行クリニック院長)
 当番世話人 蜂須賀 丈博(会長 市立四日市病院 外科 中央手術部長)
          今津 浩喜(副会長 いまず外科 院長)

3.会  期

平成28年 6月18日(土曜日) 

4.会  場

四日市都ホテル  http://www.miyakohotels.ne.jp/yokkaichi/
〒510-0075三重県四日市市安島1-3-38
TEL/059-352-4131 FAX/059-352-4141

5.参加予定人数

約200名(短期滞在手術に関る、医師・看護師・コメディカル・事務職員等)

演題登録要項

メインテーマ:「 New Era for Shorter Stay Surgery in Japan
                        さらなる短期滞在外科手術を求めて 」

募集演題:

指定演題
●「一般病院におけるさらなる短期滞在外科手術を目指して」
要望演題
●「新規開業の泣き笑い」
●「日帰り手術におけるコメディカルサイドの課題」
一般演題(ポスター)
●短期滞在手術に関するどんな演題でもどんな職種からでも広く演題募集します。

特別講演:

『医療支援ロボット』(仮称)
       (株)デンソー    

応募資格:

本研究会の年会費が納められている会員に限る。但し、共同演者はこの限りでない。
※未入会の先生方は、事前にお手続きをお済ませ下さい。また、当日のお手続きも可能です。

応募方法:

演題募集は、インターネット(オンライン登録)のみで行ないます。
ホームページの演題登録フォームからご応募ください。
http://www.jsssa.org/ から演題登録 をクリック

応募〆切:

平成2837日 

選考方法:

応募いただきました演題の採否は、当番世話人にご一任いただきますようお願い致します。

そ の 他:

演題決定後、演者の方へ当日の詳細をご案内申し上げます。  PC(Windows/Mac)による発表でデータはUSBフラッシュメモリー又はCD-Rに焼いてお持ち下さい。

第11回 学術総会開催の御礼
                                            会 長 江口 徹(原三信病院 副院長)
                                            副会長 仲地 厚(豊見城中央病院 副院長)
 平成27年6月13日に那覇市、沖縄県市町村自治会館におきまして第11回JSSSA学術総会を開催させていただきました。 当日は、沖縄らしい熱い一日となりましたが、150人近い方々にご参加いただき、ありがとうございました。
 特別講演では、JAL機長、船越篤さまより「パイロットのリスクマネジメント」に関し、われわれ医療者よりも、もっとシビアーな組織全体での取り組みについてのご講演をいただき、興味深く拝聴いたしました。
 ランチョン基調講演に始まり、7つのセッション、29演題を発表していただき、司会、発表者のみなさま、ご苦労様でした。活発なご討論により、時間が押して押して、情報交換会が始まったのが、予定より30分遅れの19時過ぎとなりましたが、豊見城中央病院、潮平院長をはじめとした皆様のご尽力のもと、琉球舞踊、エイサーで研究会の疲れを吹き飛ばす「元気」をいただき、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
 展示、3Dビデオ講演会をしていただいたオリンパス、展示にご協力いただいた日本航空、コヴィディエンジェパン、ジョンソン・エンド・ジョンソン、メディカルリーダース、メディコンの各社、広告をいただいた各社に厚く御礼を申し上げます。
最後に、運営、資金管理などで大変、ご苦労いただきましたJSSSA事務局と代表世話人、執行友成先生に感謝を申し上げますとともに、次回、第12回会長である蜂須賀丈博先生にエールを送りたいと思います。 みなさま、本当にありがとうございました。


 
第11回 日本短期滞在外科手術研究会 学術総会 in OKINAWA

総 会 概 要

1.名  称

第11回 日本短期滞在外科手術研究会学術総会

2.主催および責任者名

日本短期滞在外科手術研究会(Japan Short Stay Surgery Association)
代表世話人 執行  友成(東京ヘルニアセンター 執行クリニック 院長)
当番世話人 江口 徹(会長 原三信病院 副院長)
仲地 厚(副会長 豊見城中央病院 外科)

3.会  期

平成27年 6月13日(土曜日)  12:10~18:30

4.会  場

沖縄県市町村自治会館  http://www.okinawa-jichikaikan.com
〒900-0029 那覇市旭町116-37  TEL 098-862-8181  

5.参加予定人数

約200名(短期滞在手術に関る、医師・看護師・コメディカル・事務職員等)

演題登録要項

メインテーマ:「 安心して楽しく受けられる日帰り手術 」

募集演題:

パネルディスカッション
●(医師):「ディベート:日帰り手術クリニックvs有床診療所vs病院」
●(看護師):「DSコーディネーターの現状とその理想像」  
要望演題
●「エキスパートに学ぶ ヘモ・ヘルニア・バリックス -手技と周術期管理の基本-」
●「短期滞在外科手術基本料3の功罪」
●「日帰り内視鏡下外科手術」
●「ヘモ:痛くないヘモ」
●「バリックス 血管内レーザー治療の功罪」
●「困った症例、工夫した症例」

●「日帰り手術 楽しみへの取り組み 患者の立場/スタッフの立場」

●「観光医療としての日帰り手術」
一般演題(ポスター)
●短期滞在手術に関するどんな演題でもどんな職種からでも広く演題募集します。

特別講演:

『危機管理について(仮称)』
日本航空株式会社 ボーイング777型機機長 兼 広報部付担当部長
船越 篤先生    

応募資格:

本研究会の年会費が納められている会員に限る。但し、共同演者はこの限りでない。
※未入会の先生方は、事前にお手続きをお済ませ下さい。また、当日のお手続きも可能です。

応募方法:

演題募集は、インターネット(オンライン登録)のみで行ないます。
ホームページの演題登録フォームからご応募ください。
http://www.jsssa.org/ から演題登録 をクリック

応募〆切:

平成27227 3月20日まで延長 (たくさんのご応募ありがとうございました)

選考方法:

応募いただきました演題の採否は、当番世話人にご一任いただきますようお願い致します。

そ の 他:

演題決定後、演者の方へ当日の詳細をご案内申し上げます。  PC(Windows/Mac)による発表でデータはUSBフラッシュメモリー又はCD-Rに焼いてお持ち下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




日帰り手術の国際学会です。
 2013年5月5日~8日 ハンガリー ブダペストにて開催。
 日帰り手術は、世界的な規模で進んでいます。Webサイトへ是非・・・



戻る





詳しくは、楽クリニックのサイトへ・・・  日本短期滞在外科手術研究会 和歌山総会 2012

第8回日本短期滞在外科手術学術総会

  2012年62日(土)13:00~18:00 (受付開始12:00)
  和歌山マリーナシティ ロイヤルパインズホテル
     http://www.marinacity.com/hotel/top.html


                 会  長:藤田 定則  楽クリニック  院長

                 副会長:渡瀬 誠  多根総合病院  日帰り手術センター長

戻る


























第2回DSコーディネーター講習会開催。


 強風雨の中、全国から16名の受講者、6名の講師の先生方にお集まり頂きました。代表世話人執行友成先生のDSコーディネーターへの期待と熱い思い、研究会の趣旨等の挨拶に始まり、特別講師:埼玉医科大学教授 輿水健治先生『日帰り・短期滞在手術の麻酔』は、コーディネーターからの視点で大変有意義な内容で、皆さん熱心にメモを取られておりました。
受講された皆様、お疲れさまでした、明日からの医療にお役に立つことを願っております。講師の先生方、お忙しい中ありがとうございました。

















   戻る

日本短期滞在外科手術研究会/JSSSA Menu